メイン | 引っ越ししました »

2006年11月28日

●遅い朝焼け?

P1020223

P1020225 今日はどんよりと曇り空。でも初島の向こうに雲に包まれた大島がかすかに見えます。でも、 その向こうにはなんと朝焼け?が…
 これは午前9時過ぎの景色です。不思議な光景ですが1時間くらいこんな状態が続きました。

 海はちょっとだけ波あり。湯河原の海浜部もようやく秋の色が付いてきました。 今日は一段と冷え込んでいます。



 

2006年10月19日

●秋の気配 黄昏が時間を止める

DR_sunset  秋の気配が近づきつつある。

 伊豆半島を望むこの場所からは薄紅色の黄昏が時間(とき)を少しの間だけれど停止(と)めていた。(… まるで朝明けの様だ。)
 頬をかすめる風は乾いていたけれど冷たい感触はようやく湯河原にも秋の訪れが近いことを感じさせている。

 そのくらい湯河原という土地は暖かくすべてが緩やかだ。


2004年04月15日

●吉浜潜水艦

ysub1 ある日ぼんやりと吉浜海岸を見ていると、突如潜水艦が浮上!砂浜から100~150m位だと思う。 甲板に何人かが出て来て何か作業していたが、突如向きを変えて三ツ石の方へ向かったと思うと、すごいスピードで遠ざかって、 福浦の沖で水中に没してしまった。

 潜水艦というと、あんまり早くない気がするが、当然、漁船など比べようもないスピードで実際に目の当たりにするとびっくりです。

ysub2 ホント、すごく岸の近くに来たのですぐに写真を撮れば良かったのだけれど、呆然と見ていたのと、 カメラを探すのに時間が掛かってしまったため、福浦の沖で潜行する直前にやっとカメラに納められました。
 よく底をこすらないな…。と感心するくらい浅いと思われるところまで来ていました。

 最近、湯河原にはいろいろな物(者)が来ます。巡視艇に始まって、対潜ヘリ、哨戒機、結構大きな護衛鑑まで。
 多分、吉浜の遠浅の海がペルシャ湾に近いので格好のイラク戦演習場になっているのではないかと思います。派遣が始まる直前からの動きで、 今までにそんなことは無かったのですから。

 すぐそばにサーファーがプカプカ浮かんでいたけど、腰抜かさなかったかな…。
  

続きを読む "吉浜潜水艦"