メイン

1997年06月17日

●鎌倉にて

AUT_0605

 鎌倉の庭先で修理中のZZ-R。カウルを全部取ってます。エキセントリックなエアダクトがむき出しでイカしますね~。
 その後のD型からはセンター2口のインテイクになりますので豚っ鼻みたいで…好みでないです。(ユーザーの方すみません。 あくまで私見です)

 オーストラリアから持って帰ってから、一通りのオーバーホールはしていますが、 こうやっていろいろはずすと赤い土がこびりついているパーツなどが露出したりします。 もっと徹底的にクリーニングすべきでしょうがなかなか出来ません。でも、感慨深いものがあります。(よく無事に帰ってこれたもんだ)



cul-rep カウルの修理(改良?)中。
 TUKIGIのチタンカーボンのエキパイの熱でエキパイの出て行く付近が溶けてしまいました。 ちょっとエキパイがあたる部分のカウルをふくらませて逃げるためにFRPで加工して、表にポリパテを盛って仕上げ中です。

 「Works」と「SUDA」のステッカーが貼ってあります。「Works」さんには車体関係を 「SUDA」さんにはエンジン関係を助けてもらいました。

ZZR-muf-mainte マフラーの修理中?
 TUKIGIのカーボンサイレンサーのメンテ中です。思ったよりグラスウールはやせていませんでした。
 TUKIGIアレーテデクスターは初期型がイイですよ~。(少し爆音だけど)抜けの良さと音質はサイコーです。 後から車検対応のために買った新型サイレンサーは静かだけど音も抜けも今三…車検の時だけ使っていました。
 初期型はさらにバッフルを外すと超異次元の世界へ(少し大袈裟ですが、本当に別物になります)